もっとファンシーヤーンを使いこなしたいもっと楽しみながらニットを作りたいもっと時間を節約したいもっとニットのトレンドを活用したいもっとPITTI FILATTIの」情報を知りたいもっとニットのあれこれを教えてもらいたいもっとデザインのヒントが欲しいもっとSPIN EXPOの情報が見たいもっと手芸糸のようなファンシーヤーンを使ってみたい

お申し込みはこちら
お申し込み・お問い合わせ 
TEL:03-3633-5542 
担当:大久保・松井
 

丸安毛糸オフィシャルサイト
編み物教室
ニットラボのブログ
丸安毛糸社長のブログ
ニットラボのメルマガ登録

私たちは、素材からニットのすべてを伝える空間、KNITLABOを開設します

岡崎社長はじめまして、こんにちは!
KNITLABOの岡崎博之です。
実は、私、丸安毛糸の社長です。

私は、糸屋の長男として生まれた3代目です。
会社と自宅が一緒だったので、自然と、糸やセーターに囲まれて育ちました。
荷造りした糸の上で遊び、また山のように積まれた柔らかい糸をクッションがわりに、心地よい眠りに落ちたこともあります。

また、会社で長く働いてくれている社員さん、紡績や撚糸屋さん、染色屋さん、メリヤス工場さん(今で言うニッターさん)、そして問屋さん(今で言うアパレル)のデザイナーさん。。。 幼い頃から、沢山の人たちに囲まれて、今の自分が出来ました。
家族、社員、仕入れ先さん、お客さま。。。おかげさまで、みんなで一緒に作り上げてきた。と思っています。本当に感謝しています。

そして今。モノがあふれ、差別化する商品を作るのがとても難しい時代。でも時間のないなか、何とか作らなければならない、売れるニットを作りたい。。。

こんな声が聞こえてきます。
他社と差別化したい! ニットらしいニットを作りたい!
こだわりのニットを作りたい! デザインに迷った!
新しいブランドを立ち上げたい! とにかく糸が好き!
ニットを企画したいのに、何も分からない!…

そんなデザイナーさんに、ニットをつくる楽しさ、嬉しさを提供したい。
思い出してほしい。

そんな願いが最初でした。

KNITLABOイメージその願いをかなえるために私は、社員とデザイナーさん、工場さん、、、みんなが一緒にもの作りをする空間を提供することを考えました。
そして、出来上がったのが、 KNITLABOニットラボです。

LABO(研究所)のように、みんなで試行錯誤しながら作り上げていくことが出来る空間です。
実は、丸安毛糸とKNITLABOは、同じ場所・同じ空間です。
そして、もちろん同じスタッフなのです。
では、何が違うの?

本社をKNITLABOとすることによって、もっと気軽に、たくさんの人たちに来ていただきたいのです。

丸安毛糸は、50年以上の歴史がある糸商。ちょっと敷居が高く感じられたことありませんか?
それに、丸安毛糸の新素材を見に行くのはシーズン1回きり。もっともっと気楽に利用したい。と、思ったことはありませんか?仕事場として活用していただき、あふれる素材や、サンプルの中で、アイデアを出していただいていいんです。

KNITLABOニットラボは、この本社建物の総称でKNITLABOのロゴ
あり、ブランドとしました。
だから、ロゴを作り、KNITLABOニットラボで
商標登録もしました。
まるで、「MoMA」のように。『ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art, New York)英文館名の頭文字をとって「MoMA(モマ)」と呼ばれて親しまれるニューヨーク近代美術館は、20世紀以降の現代美術の発展と普及に多大な貢献をしてきた。』
ニット業界が楽しく、感動する業界に発展するよう、貢献する存在でありたい。
すこしカッコつけすぎですね。
でも、これが私の夢なのです。

私は、企業理念「老舗の誇り、プロの誇り、みんなで編み続ける会社。それが丸安毛糸です。」を、カタチにするため、KNITLABOを開設しました。
どなたでも、いつでも、気軽にお越し下さい。
そして、「みんなで」一緒に、売れるニットを、作りましょう!

生まれたてのKNITLABOは、みなさんの声を常に反映させ、資料と情報を集め、もっともっと魅力的な場所、そして、みなさんがいつも居心地のいい空間作りを目指してまいります。

私たちは、「こだわり」と「感動」のニットづくりの全てをサポートします。

ここは、みんなと一緒に作り上げる空間です。
まずは一度、KNITLABOニットラボにお越しください。



下記、「KNITLABOを覗いてみる」では、KNITLABOの実際の様子を写真と
合わせてより具体的にご紹介しています。ぜひ一度御覧下さい。


KNITLABOを覗いてみる


ページトップへ